Blog&column
ブログ・コラム

遺言執行者は誰がなれるのか

query_builder 2023/03/21
コラム
6
法律との関連が深い遺言の実現には、遺言執行者と呼ばれる方の選定が求められます。
そのためには、どのような方を選ばなくてはならないのでしょうか。
今回は、遺言執行者は誰がなれるのかについて解説いたします。
▼遺言執行者の役割
遺言を残された方に変わり遺言内容を実現するのが「遺言執行者」です。
遺言は作成者が亡くなられた後に効力を発揮するため、作成者本人が内容の実現・確認をすることができません。
そのため代わりに作成者の意思を汲み取り、遺言の通りに叶えるのが遺言執行者の役割です。
▼遺言執行者は誰がなれるのか
基本的に遺言執行者は、どなたでもなれます。
配偶者・子どもなどの近親者に任せられるだけではなく、弁護士をはじめとする専門家への依頼も可能です。
しかし、未成年と破産者は選べないことが法律によって定められています。
また条件によっては遺言執行者を設ける必要がない場合もあるため、任命された方は断ることも可能です。
▼遺言執行者が必要なケース
遺言に「認知」「相続人廃除」に関する内容が記されている場合は、遺言執行者が必要になります。
どちらも法律に基づいた手続きが必要なのが大きな理由です。
円滑に手続きを進めるために、専門知識を持ったプロに任せると良いでしょう。
▼まとめ
遺言執行者とは、遺言内容を作成者に変わって実現する方を指し、未成年と破産者以外はどなたでもなれます。
また内容にもよりますが、遺言内容が「認知」「相続人廃除」に関与する場合は遺言執行者の決定が必須です。
行政書士丸山理事務所』では、相続に関する幅広いご相談を承っております。
相続をスムーズに進める遺言執行者としてもご依頼いただけますので、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • 事業再構築補助金の計画書作成について、書くべきこと

    query_builder 2023/03/10
  • 個人事業主の資金調達方法について

    query_builder 2024/04/03
  • 資金調達のタイミングとは?

    query_builder 2024/03/01
  • スタートアップの資金調達の方法とは?

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE