Blog&column
ブログ・コラム

行政書士と司法書士の違いとは?

query_builder 2023/10/15
コラム
36
行政書士と司法書士は、どちらも国家資格にあたります。
法律に関わる仕事という点で似ているものの、どのような違いがあるのでしょうか。
今回は、行政書士と司法書士の違いについて解説いたします。
行政書士と司法書士の違い
■業務の内容
両者の違いを一言で述べるなら、業務の内容です。
司法書士はその名が示すように、司法に関わる業務を行います。
一方の行政書士は、書類の作成が主な業務です。
役所などに提出する書類を、専門知識を駆使して作成します。
行政書士の特徴
先述したように、行政書士はさまざまな書類を作成する専門家です。
作成する書類は、事業に関することや融資・相続など多岐にわたります。
その書類の内容は1万種類以上に上るとも言われ、あらゆる法律に精通していなければなりません。
■司法書士の特徴
司法書士は、しばしば「くらしの法律家」と呼ばれます。
その理由は、相続や不動産の登記申請といった手続きを行うからです。
相続や不動産の登記は、人生のうちで多くの方が経験されます。
企業に限らず一般の人からも依頼を受けるところが、司法書士がくらしの法律家と呼ばれる理由です。
▼どちらに依頼するかで迷った時は?
行政書士と司法書士のどちらも、法律に関わる仕事を引き受けています。
そのため、どちらに依頼すればいいのか悩まれる方もいらっしゃるでしょう。
もしも迷った時は、まず行政書士に相談するのがおすすめです。
行政書士は書類の作成はもちろんのこと、コンサルティング業務も手がけているからです。
的確なアドバイスを受けられると同時に、書類の作成も任せられます。
▼まとめ
行政書士と司法書士では、同じ法律家であっても業務の内容に違いがあります。
どちらに依頼するかで迷った時は、業務内容の幅が広い行政書士に相談してみてくださいね。
神奈川県横浜市の『行政書士丸山理事務所』では、さまざまなご相談を承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 事業再構築補助金の計画書作成について、書くべきこと

    query_builder 2023/03/10
  • 資金調達のタイミングとは?

    query_builder 2024/03/01
  • スタートアップの資金調達の方法とは?

    query_builder 2024/02/15
  • 財産目録を作成する目的とは?

    query_builder 2024/02/01
  • 財産目録とその作り方とは?

    query_builder 2024/01/15

CATEGORY

ARCHIVE