Blog&column
ブログ・コラム

行政書士に相談した際にかかる費用とは?

query_builder 2023/11/15
コラム
38
役所などに提出する書類の作成には、法律の知識が求められる場合があります。
その際に頼りになるのが、行政書士です。
そこで今回は、行政書士に相談した際にかかる費用について解説いたします。
行政書士に相談した際にかかる費用
■手数料
手数料とは、行政書士およびアシスタントにかかる人件費です。
手数料額が変動する要因として、行政書士が取り扱う書類が1万種類以上にも上ることが挙げられます。
書類の作成に多くの時間と手間がかかる場合は、アシスタントの人数も増やさなければなりません。
その結果、どうしても人件費がかさみます。
どのくらいの費用がかかるかは、依頼する前に確認しておくと安心です。
■法定費用
「法定費用」とは、法律で定められた手続き費用のことです。
行政の窓口で支払うもので、許認可にかかる手数料などが挙げられます。
例えば会社の設立を行う場合には、定款印紙代・定款認証手数料・登録免許税といった費用が必要です。
■その他の費用
行政書士への相談の際は、先にご紹介した手数料と法定費用の他にも費用が発生します。
依頼の前の相談料では、1時間あたり3,000~5,000円の費用がかかるところがほとんどです。
依頼後は、実地調査のための費用が発生します。
また公的書類の発行手数料や交通費なども、事前に確認しておくと良いでしょう。
▼まとめ
行政書士に相談する際に発生する費用は、手数料・法定費用・その他の費用の3つです。
法定費用はどこに依頼しても同じですが、手数料とその他の費用は行政事務所によって変動します。
行政書士丸山理事務所』はさまざまなお悩みにお応えいたしますので、お気軽にお尋ねください。

NEW

  • 事業再構築補助金の計画書作成について、書くべきこと

    query_builder 2023/03/10
  • 返済不要な資金調達方法はあるの?

    query_builder 2024/06/03
  • 個人事業主の資金調達方法について

    query_builder 2024/04/03
  • 資金調達のタイミングとは?

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE